【バングラデシュの未成年売春婦の闇】世界の危険思想~丸山ゴンザレス~

スポンサードリンク

C、C、C、Crazy!?!?

 

「クレイジージャーニー?何それ?美味しいの???」

そんな状態なら今すぐに動画サイト、DVD購入、テレビ欄をチェックしてみましょう!すぐに映画「スラムドッグ$ミリオネア」の挿入歌が頭の中で再生されますね。是非、曲を聴きながらこの記事を読んでみてください!(おススメ!)


"O... Saya" (Slumdog Millionaire Soundtrack - #1)

 

私は番組の大ファンなのでジャーニーたちのTwitterをフォローしていると丸山ゴンザレスさんから新しい本が出ていると知ったので買って読んでみました!

世界の危険思想 悪いやつらの頭の中 (光文社新書)

世界の危険思想 悪いやつらの頭の中 (光文社新書)

 

本の紹介

光文社新書から出ている180頁ちょっとのジャーナリズム本。

 丸山ゴンザレスさんは世界中の危険な場所に行って取材をしているジャーナリスト。 そんな著者が見た世界中の驚きをこの本はたった180頁ほどでまとめてしまっている。

 

「ありえない!!!」

 

読み終わってみてそんな感想をもってしいました。世界中を旅したり、人生を誰よりも長く生きたり、知識を豊富に身につけていてもこれほどの出来事に遭遇することは無いと思ったからです。

 

世界の諸問題を取材しても見えてくるのは複雑でお金と人間の欲望渦巻く貧困の闇。そんなことを教えてくれそうなジャーナリズム本。

 

 

牛用ステロイド剤をセックスに使うバングラデシュ人

「?????」

 

最初、読んでいて内容を理解できても想像できない。

 

そこで少し調べてみました。

バングラデシュという国はアジアでも最貧国のひとつで隣国インドや地域の風習が今でも残っている国だ。それ故、未成年の女性が結婚していることも珍しくない。そんなこの国は売春を合法化している。それ故に若くして独り身になった子持ちの未成年女性は稼ぐ手段がほとんどなく、売春婦になってしまう場合がほとんどだ。

 

一般的に男性は中肉中背のぽっちゃり系女性が好みなようで、細い女性は稼ぐためには無理やりでも太らなくてはならない。そこで使用されるのが牛用ステロイド剤のオラデクソン。これを細い女性に処方することで無理やり女性をふっくらにさせる。

 

注意したいのは、彼女たち自身が好き好んで使用するのではなく、オーナーや逃げられない環境から強制的に男性の欲求の為に使用する、ということ。使用を続けてしまうと薬物中毒になってしまい、負のサイクルからは抜け出せない。しかも道端の露店で誰でも簡単に手に入ってしまうのである。

 

売春は政府によって公認されていても未成年は許されていない。そこで、このオラデクソンを未成年に与えて成人女性にみせることで許可証を政府から得るのだ。

 

 もろもろのソース

実際にバングラディシュの売春婦やそれに通う男性に取材している動画。 

 

 

世界は思っているよりも広くて闇深い

私が紹介したのはバングラデシュの例だけだが、本にはそのほかにも興味深い内容がたくさん載っている。読んでいてもっとも心が折られたのが、「バルカン半島のスラム街にいた悲しい夫婦」。

 

内容は読んだほうがいいのでネタバレしないが「事実は小説より奇なり」という言葉のように、これ以上最悪なシナリオがあるのか?と思わずにはいられませんでした。

 私たちが暮らしている日本はある意味特別だと思うと同時に、世界の常識とは何か改めて考える必要があると思う。

 

 

その世界に日本があることも、

必ず関わっていることを絶対に忘れてはならない。

世界の危険思想 悪いやつらの頭の中 (光文社新書)

世界の危険思想 悪いやつらの頭の中 (光文社新書)