アルの備忘録

世界第2位の発電量!イタイプダム観光。珍しく計画的に完成した事業ってことを知っていますか?【ブラジル旅行記】【イグアス編】

世界第2位の発電量を誇るイタイプダムに潜入!

 

イタイプダム観光はダムに興味が無くても楽しめると思います。実際に僕がそうでした。ダムに詳しく理解するよりも、その大きさや規模を体感できるのが魅力的です!

 

ちなみに中国の三峡ダムが完成するまでは世界1位だったそうですよ。

イグアス旅行

イグアスと聞けば、滝ですが、イグアス旅行は他にも魅力的なんです。

もちろん、イグアスの滝、イタイプダム、ディナーショー、鳥公園などなど探せばいくらでも楽しめるところです。アルゼンチン側に行けばカジノもあるのでギャンブル好きには最高の場所ですね!

 

今回のテーマではイタイプダム観光をレビューしていきます。

 

イタイプダム

イタイプダムは現在世界第2位の発電量を誇るイグアスにあるダムです。

ダムはブラジルとパラグアイの国境にまたがっているので両国が力を合わせて運営しています。

中空重力式コンクリートダム、ロックフィルダム、アースダムなど複数のダムが組み合わさっています。ダム好きには面白いところからもしれませんね。

発電した電力は主にパラグアイ国内に供給され、残りをブラジル側に売電しています。

 

シンボルの意味

イタイプダムのシンボルは4色の四角形です。

これはそれぞれ、ブラジルとパラグアイの国旗の色をしましています。

何ともシンプルで協力的なマークなので親しみやすいですね。

 

ダム見学は規格外

人がレゴの人形みたいな小ささ。

色々説明してくてもできないので写真で楽しんで!

 

 

コントロールセンター

コントロールセンターを見学してきました。

ここのコントロールセンターって普通じゃないんです。なんと、中央が国境線になっているのです!

わかりやすい画像がこちら。

この黄色い線場が国境線になっていて、右側がブラジルで左側がパラグアイだったと思います。コントロールセンター内の人たちは自由に行き来しており、相当優秀な人達しか入れないとか。

 

僕も知らず知らずのうちにパラグアイ側へ入国していることになっていますね。

 

写真撮影に癒される

ダムのそばには写真撮影ができるスポットがあります。バスでそこまで連れていってくれるのでそこで記念撮影ができます。

 

多きな四角い枠にイタイプダムのシンボルマークがある写真撮影スポット。

ここで記念撮影していた家族の写真が愛らしいので見てください。

赤ちゃんがライオンキングになってる。。。

 

かわいい。。。

 

イタイプダムの感想

 ガイドさんが話してくれましたが、このダムはブラジルとパラグアイが共同で作ったダム。南米人らしい?期間内に作りあげることの難しさがある中で、珍しく、予定期限内で建設が完成したダムらしいです。だから現地の人達はそのような建設プロセスと、最近までの世界第1位の発電量を誇るダムがあることを誇りに思っていると思います。

 

ダムのように人々の暮らしに必要なエネルギーを作る施設とその規模の大きさは想像以上だと思います。その中で期限内に作るすごさは国や地域、文化を問わずにすごいことだと思いました。

 

本当にこのダムは大きすぎて写真ではなかなか伝わりづらいです。特に貯水している湖が広くて対岸が見えません。恐怖すら感じる広さでした。

 

イグアスの自然環境を守りつつ、これからも人々の生活を支えていってほしいですね。

 

ブラジル旅行記

 このイタイプダム観光をすると無条件でブラジル側からパラグアイ側へ入国していることになるので気分的に楽しいです。

ダムも大きいので圧倒され続けます。

イグアスの滝といい、規模が大きいモノがたくさんあって観光にうってつけですね!