アルの備忘録

80歳おばあちゃんが世界三大瀑布最大水量の滝に2度ボートで突っ込む話:ブラジル側part3【ブラジル旅行記】【イグアス編】

イグアスの滝を見ただけ?

 

まだまだだね。

 

 

僕はボートの先頭に座ってイグアスの滝に突っ込みましたよ!

 

全身びしょ濡れになりました。

 

しかも冬の雨空。

 

 

そんな話より80歳おばあちゃん のイグアスの滝つぼツアーの話がバイタリティ感じます。長生きの秘訣は「挑戦」ですね。

 

イグアスの滝

イグアスの滝はブラジル側とアルゼンチン側の双方から楽しめます。僕のおすすめは必ず、ブラジル側から見ることです。そしてアルゼンチン側に行って「悪魔の喉笛」と呼ばれる名スポットに行くことです。

 

www.matematetea.com

www.matematetea.com

 

 

イグアスの滝をボートから見るのではなく、

「滝に突っ込むツアー」

知っていますか?

 

滝つぼツアー

僕が挑戦した滝つぼツアーは「滝に突っ込むツアー」。

結果から言うと最高のアクティビティ!

高速ボートは下流の方から滝に向かって高速で遡上します。その揺れはとても激しく、最初は驚きました。

 

しかも、高速ボートの先頭に座ったので滝が何度も直撃。何回も向きを変えながらボートは滝の下に突っ込んでいきます。

 

おそらく20分程度だったと思いますが、終わった後は冬にも関わらず、滝に打たれたことによって気持ちが晴れやかになりました。

 

もちろん寒いです。

夏だとカッパなども必要ないですね。

 

必要なモノ

僕が滝に突っ込むツアーをしたのは8月の冬の雨の中でした。とっても寒い中、せっかくなので挑戦しました。中でも以下の2つは必ず必要です。

 

全身を覆うカッパ

帽子付きでひざ下まであるカッパを必ず準備しましょう!あと、カッパの帽子にはひもがついているモノがいいです。紐を引っ張って、顔にかかる水量も少なくしましょう。

 

スマホ防水ケース

スマホで動画撮影や写真を撮りたい方は絶対にこれを買いましょう。一度これを買っておくと、今後も水のアクティビティでも活かせます。

 

 

80歳おばあちゃん

これはガイドさんから聞いた話。

 

 

数年前に日本人の団体客が僕たちと同じように「滝つぼツアー」に参加した。

 

 

その中には80歳のおばあちゃんがワクワクが止まらない様子でいた。その歳でイグアスツアーに参加するだけで結構すごいと思うが、それだけでないのがこの話。

 

 

一行がボート乗り場について、ライフジャケットを装着してボートに乗り込んでいた。

 

 

ふとみんなの視線が集まった。

 

 

 

ボートに乗り込むみんな中に何と80歳のおばあちゃんが!!!

 

 

 

知っているのだろうか。

 

 

 

これから煩悩をなくす旅に出ることを。

 

 

 

滝に打たれることで邪念を払うことを。

 

 

 

その御年でどんな欲望があるのだというのだろうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

一行を乗せたボートは激しさを増しながら滝に向かって遡上する。揺れは強く、衝撃は大きい。

 

 

 

 

 

 

そしてボートはゆっくりと目的の滝に向かってゆっくり突っ込んでいく。。。

世界三大瀑布の中でも最多水量を誇るイグアスの滝の中でも小さな滝に向かって突っ込んでいく。

 

 

 

 

 

 

一行は悲鳴や雄たけびをあげながら滝に打たれることによって、己の煩悩と邪念を落として清らかになっていく。

 

 

 

何度も何度もボートは旋回を繰り返して滝に突っ込んでいく。まるで乗客の様子を楽しむように。

 

 

 

楽しむことに必死な者。

 

煩悩を落とすことに必死な者。

 

邪念を振り払うことに必至な者。

 

 

 

それぞれが己に打ち勝つようにイグアスという日本の裏側にある世界三大瀑布の中でも最大水量を誇る滝の片隅にある小さな滝に突っ込んでいった。

 

 

 

そしてついに滝に突っ込むツアーが終わった。

 

 

 

みな、満足したようにイグアスならではの滝ツアーを楽しんだようだった。それぞれの目的を達成でき、日本ではできない体験をした気持ちだったのだろう。

 

 

 

 

 

唯一名を除いては

 

 

 

 

 

ガイドさんが皆をバスに帰らそうと引率し始めると口を開けたものがいた。

 

 

 

「もう一回行ってくる!」

 

 

 

あの80歳のおばあちゃんだ

 

 

 

!!!!!!!!

????????

Σ(゚Д゚)

 

団体客の頭の上には疑問符と感嘆符が浮かび上がる。

 

 

 

聞き間違えだろうか。

ガイドさんがバスに戻るように促すともう一度、「もう一回やろう!」といった。「もう一回できるよね?」と。

 

 

 

ここでもう一回行くということはあの世界三大瀑布の中でも最大水量を誇るイグアスの滝の片隅にある滝に打たれても煩悩も邪念も落とせなかったということだろうか。それともまだまだ落としきれない数の煩悩と邪念が齢80を超えた肉体に宿っているのだろうか。

 

 

 

日本人の平均寿命は世界の中でも高齢だ。

 

 

 

特に女性は男性よりも長生きする。

 

生命力が強いのだ。

 

食事、生活、仕事、健康、運動、娯楽、欲求、禁欲、節制、不摂生、、、、数え上げればきりがないほど生命力の根源は多々ある。

 

しかし、80歳のおばあちゃんはそれをはるかに超えるバイタリティを身に宿している。

 

 

 

ガイドさんとみんなが帰るように促すと80歳のおばあちゃんは駄々をこねた。

 

 

 

根負けしたおばあちゃんは泣く泣くみんなと一緒に帰っていった。しかし、もし、もし、もう一回だけ滝に打たれに行っていたらおばあちゃんは満足したのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

齢80歳になってイグアスに行って滝にうたれることが自分自身にはできるだろうか。これは人生をかけて「挑戦」しなければならない大きな壁だ。

 

ブラジル旅行記

イグアスの滝に突っ込むといっても「悪魔の喉笛」ではなくそれよりも下流にある滝です。それでもだいぶ大きな滝なので突っ込む前はやっぱり怖いです。ポイントとしては、できる限りボートの最前列、できなければ端っこに座ることが楽しむコツです。