いざ、ブラジルへ!安定のドバイ経由!エミレーツ航空だとJALのマイルが貯まる!【ブラジル旅行記】【準備編】【渡航編】

f:id:caipirinhas:20191214230957p:plain

2018年8月中旬。

小さいころからの夢だったブラジル旅行が決定!

 

今回は、日本の成田空港からドバイ国際空港を経由してブラジルのサンパウロ州にあるグアルーリョス国際空港まで行くドバイ経由で行ってきました。

 

なぜ、ドバイ経由なのか、

どの飛行機で行ったのか、

往路で起きた予想外の話などなど。

 

ブラジルの観光を知りたい方は

目次の8.「ブラジル旅行記」をご覧ください。

 

今回は、ブラジルへの【準備編】と【渡航編】です。

 

ブラジルへの行き方

f:id:caipirinhas:20191214201117p:plain

ブラジルに行くまでに主に3つのルートがあります。

以下は僕の個人的なイメージを書いていますが、実際に日本の成田空港からブラジルまで行くのにはドバイ経由が一番いいと思います。

 

アメリカ経由

不便

アメリカ経由は非常に不便だと思います。理由はESTA(電子渡航認証システム)の準備、アメリカの空港で入国審査あり、荷物をいったん受け取るなどの手間があるからです。ただでさえ長旅なうえに空港でも面倒がかかるなんてのは論外です。

 

欧州経由

選択肢が少ない

欧州経由はチケット検索時にフライト数が少なく、都合に合わなかったので欧州経由にはしませんでした。また、アメリカ経由か中東経由がメインだというイメージが強いですね。

 

ドバイ経由

安定のドバイ経由

ドバイ経由はチケット検索時の選択肢が多かったので必然的にドバイ経由になりました。飛行時間が多少長いといわれていますが、空港や飛行機のコンテンツの充実さを考えると必然的にドバイ経由が安定の選択になりました。

 

飛行機とJALマイル

f:id:caipirinhas:20191214201342p:plain

僕はブラジルまでのフライトにエミレーツ航空を選びました。

成田→ドバイ、ドバイ→サンパウロまで両方ともエミレーツ航空を選択。エコノミークラスでも狭さを感じることもなく、また、映画のコンテンツが予想以上に盛沢山だったので飽きませんでした。ちなみに機内食やサービスなども十分良くて文句なしです!

 

JALカードでマイル加算

エミレーツ航空を利用することでJALカードにマイルが加算される為、僕はブラジルに行くためにわざわざJALカードを申し込みしました。提携している航空会社で旅行するとマイルが貯まる場合があります!

 

成田空港のエミレーツ航空のカウンターでチェックイン手続きするときにJALカードを提示するとスタッフがマイルを加算してくれます。また、ブラジルの空港から帰国する時もチェックイン時に提示すれば大丈夫です。

 

ブラジルに行って帰ってきただけでマイルがだいぶ貯まりましたよ!

www.jal.co.jp

 

飛行時間

日本からブラジルにつくまでの飛行時間です。

 

成田→ドバイ

約10時間40分。

長いです。日本から中国やインドを越えてドバイまでなのでアジアを端から端まで横断したことになります。

 

ドバイ空港(トランジット)

約5時間。

長いようでちょうどいい時間で少し長いです。その分空港内で買い物やリラックスできます。 

 

ドバイ→サンパウロ

約15時間。

か・な・り長いです。次はアフリカを横断したのちに大西洋を横断してブラジルのサンパウロ州に到着です。予想以上に大西洋横断が本当に長いです。フライト中に地図を見てもただ海の上。それが何十時間も続くので退屈です。

 

ここでは往路分を書きましたが、復路も同じ感じです。暇をいかに潰す(寝る)かがフライト旅行の要です。上手なフライト中の時間の潰し方を飛行機内での暇のつぶし方で紹介しています。もしかするとあなたが見落としている方法が見つかるかもしれません。

www.matematetea.com

 

 

ドバイ空港

f:id:caipirinhas:20191214201919p:plain

ドバイ空港は本当にいろんな人種や国籍の人々がロビーでまったり暇つぶしをしているので人を見ているだけで楽しいです。また、お店やサービスも充実しているので暇つぶしには困らないです。

僕がトランジットで行ったことを紹介したいと思います。

 

シャワーで気分転換

ドバイ空港乗り換えで5時間ほどありました。

日本からドバイまで10時間以上のフライト。ただ座っているだけでも気づかずに汗はかいています。むしろ、ドバイからブラジルまで15時間のフライトがあるのでシャワーを浴びずにはいられません!

そんな時にドバイの空港でシャワーを浴びました。

場所はターミナル3。詳しい場所は覚えていませんが、ドバイに到着して次の出発ゲートをモニターで確認した後、ゲートに向かっている途中で見つけたので簡単に見つかりました。つまり、ターミナル3で次のゲートに向かって歩いておけば通ります、見つかります。

値段は結構しましたが、ケチっている余裕はありません。快適な旅にするには必要でした。感想としては最高でした。

その後のフライトもリフレッシュした状態で登場したのでブラジルについた時も疲れもさほどありませんでした。長時間の移動旅行なら空港でシャワーを浴びてリフレッシュするのをおすすめします!

 

往路に起こった予想外の話

日本からドバイに向かう人はたくさんいました。ドバイの空港にもたくさんの人が乗り換えを待っていたので「大変な旅になるな~」と思いつつ、グアルーリョス空港行きのゲートで待っていました。シャワーも浴びてすっきりしていたので、落ち着いていました。

 

そして、飛行機に乗ってみて、衝撃的な出来事が起こりました!

 

それは、、、、

 

こちらの記事、最高の往路と悲惨な復路フライト。に載せました。

www.matematetea.com

 

ビザ申請

f:id:caipirinhas:20191214204218p:plain


2019年12月現在は日本、米国、カナダ、オーストラリアの国籍取得者はブラジルに入国するにあたってブラジル短期滞在査証(ビザ)が免除になっています。滞在期限は90日までとし、最初の入国から12か月の間に180日を越えないで90日の延長が可能となっています。

詳しいことは外務省 海外安全ホームページ|現地大使館・総領事館からの安全情報 詳細を参照してください。

www.anzen.mofa.go.jp

 

僕が渡航した2018年8月は日本人観光客はビザが必要だったので手続きが大変だったと思います。日本のパスポートが最強になったので地球の裏側に行くのに1つ手間が省けましたね!

 

ワクチン接種

ブラジル渡航に必須の予防接種はありませんが、黄熱病予防接種はお勧めします。というよりも、予防接種しないで行くという選択肢はないです。はい。必ず受けましょう。

 

というのも、僕は2週間のブラジル旅行でサンパウロをベースにイグアス、リオ・デ・ジャネイロ、マナウス(アマゾン川)とブラジル各地を訪れる予定だったので黄熱病予防接種は受けました。もちろん1都市だけでも予防接種はするべきだと思います。

 

私は関東に住んでいたので横浜検疫所で黄熱病予防接種を受けました。接種後はイエローカードと呼ばれる証明書が付与され、生涯有効活用の予防接種になります。

www.forth.go.jp

 

ブラジル旅行記

最後まで僕の最初のブラジル旅行記を読んでもらい、ありがとうございます。

ブラジル各地を旅行して訪れた場所を紹介しています。行きたいところや興味あるところの記事を探してみてください!きっと知らない情報が見つかるはずです!

 

【イグアス編】

まずはブラジル旅行ならイグアスは外せない!イグアス観光の旅程おしえます!

イグアスの滝、イタイプダム、ギネス記録のダンスショーレストラン、バードパークなどなど世界記録に尽くされた都市が楽しめるブラジル屈指の衝撃的な観光スポットです。

www.matematetea.com

 

 

【リオデジャネイロ編】

行ったらわかる、美しい都市だと。

善悪ふくめて世界一美しい都市と感じたカリオカの街 でした。キリスト像、ポン・ジ・アルーカル、リオのおすすめお土産店を紹介しています。滞在時間が24時間もありませんでしたが、世界の中心だと感じた都市でした。

www.matematetea.com

 

 

【マナウス編】

みんなの憧れ!アマゾン川旅行!

ブラジル国内でも異色の環境。マナウス旅行のまとめ!世界一のジャングル都市マナウスとアマゾン川ツアーを楽しむ!ではクルーズツアーであった先住民、インディアンのお土産、生きた化石のピンクイルカ、ピラニア団子、アマゾンの市場などを紹介しています。

www.matematetea.com

 

是非、引き続き読んでみてください!