バジルに咲いた白い花!摘まないといけない理由があります。【ハーブ育成日記⑩】

スポンサードリンク

ついに【ハーブ育成日記】シリーズも⑩記事目!

皆さん、読んでくださってありがとうございます!!!

 

今回は大きな進展がありました。

なんと、、、

バジルに花が咲きました!!!

 

ビックリです!

バジルって花が咲くの?

バジルの記事をいくつか書いていますが、バジルに花が咲くことを全く知りませんでした。バジルも花が咲くんですね!しかも、小さくてかわいい。

花が咲くとどうなる?

7月~8月はバジルの花の時期。花が咲いてしまうと花の開花と子孫を残すために栄養素が奪われてしまいます。同時に葉っぱが固くなり味も落ちるようです。白い花が咲く前に摘芯剪定をするのが一般的。

 

最初はまた葉っぱが増えるのかなと思っていましたが、だんだん膨らんでいって2~3日で白い花びらが出てきました。摘芯剪定をせずに伸ばしていたので蕾から花が咲いたようです。 

 

どうやら摘芯剪定しないといけないようですね。。。

 

花穂は食べられる?

どうやらバジルの花穂も食べられるようですね。サラダや和え物にいれて食べるのが合うみたいです。結局は摘芯しないといけないみたいなので有効活用してみるのもいいかもしれませんね。

 

バジルの花言葉

バジルにはいくつかの花言葉があるようです。

好意
好感
神聖
高貴
良い望み
強壮
憎しみ
何という幸運

どれもいい言葉ですね。数が多すぎますが。。。

 

摘芯剪定するべきなのか

花が咲いて喜んでいました。しかし、調べてみると摘芯剪定をしないといけないみたいです。理由は見出し1を読んでください。

 

この画像の状態になったら摘芯剪定をしてくださいね。これから花が咲きますよ。

 

 

ここで迷うのは

  1. 摘芯剪定をしてハーブの葉を収穫し続ける
  2. このまま花を残して種子をとることを目指す

 

どっちを選ぶかは次の記事で報告したいと思います!

 

何よりも、バジルが大きく成長してくれて嬉しかったです!