【超穴場の水上マーケット in タイ】タイ人家族に招待されました!

スポンサードリンク

 Khlong Lat Mayom Floating Market is one of the best floating markets in Thailand!

クローンラットマヨム水上マーケットが良かった話。

 

 

 タイの彼女に会いに行った際、彼女の同僚家族に招待してもらってこの市場に案内されました。

元々はアンパワー水上マーケットに行って夜は蛍見よう!的なノリだったのですが、前日の夕食のせいで私含めた数名が体調不良から近場で済ませようとこのマーケットに決定しました。

急遽決めた場所ですが、予想外におすすめなので紹介しますね!

 

 

※今回はタイ人家族と訪れたため交通手段や具体的な金額などは省略します。

※写真を全くとってなくて、しかもブログ用でないので雑ですが悪しからず。

 

 

 

 

 

ここが魅力!

水上マーケットは郊外にある有名なアンパワーを始め、バンコク周辺にはいくつかあります。

今では政府などの政策から商業とタイの伝統を残す目的で新しく水上マーケットが作られたものが多いですが、タイはもともと水上マーケットが当たり前でした。

一昔前までモノの売買は水上マーケットのように行われていました。

今でもバンコクにはその名残で運河としての水路がたくさんあって渡し船のように人を移動させるバスの役割を果たしている場所もあります。

  

そしてこのマーケット話の結論から述べると、、、

日本人が見たい東南アジアの風景が見れる絶好の穴場!だと思います。ありきたりな市場に行くよりはここでエンジンボートに乗って観光したほうが楽しいですよー!

 

バンコクからタクシーで1時間弱くらいで来られるから、サイアム周辺やカオサンロードからのアクセスもいいですよ!

タクシーのおっちゃんたちにはタイ語表記の名前などで伝えれば連れて行ってくれると思います!

ตลาดน้ำคลองลัดมะยม

↑↑↑タイ語表記のクローンラットマヨム水上マーケット↑↑↑

 

 

当たり前ですがタイのマーケットは朝早く行くか夜遅くいくかのどちらか調べてから行きましょう。

なぜなら日中は暑いし、閉まっているお店も多いからです。

ここの市場は朝早く行ったほうがたくさんの商品やマーケット風景が見られるでしょう。

と彼女が教えてくれました。

 

ちなみにここの営業日は土曜日・日曜日・月曜日の8:00-17:00です。

 

 

 

 

お昼ご飯は市場で!

 (カラフルなタイの甘い豆菓子)

 

朝から市場を散策したりボートにのって疲れたら市場でタイフードを食べましょう!

ソムタムやパッタイなどの定番から海鮮ものや竹筒に入ったタイのもち米などいろいろ食すことができます。また、安いのでたくさん買ってみんなでシェアしながら食べてもいいですね!

 

とくに!カラフルな屋台菓子は必見です!

 

他にもたくさんのタイ風お菓子があるのでタイフードは夜にとっておいて、お菓子をメインにしても飽きないかもしれませんね!

 

また、実際に作っているところも見れるのがポイント!

 

普段は食べれないものが食べれる機会でもあるのでこのマーケットにはお昼ご飯をメインで来てもいいですね!

 

 

 

 

メインのボートツアー体験!

 ここの水路からボートツアーができるんですが、見てるだけでたくさんのナマズが水面までパクパクしに来るので見てるだけでも面白いですよ。ただ暑いですが、、、

 

風を切って進むボートツアーには絶対乗りましょう!

 

私のツアーは1時間以上でしたがアトラクションみたいに楽しめましたよ!

  1. 広大な敷地にある狭い水路を爆走!→軽い気持ちで乗ったら長時間爆走しました!涼しいので歩き回るよりも疲れないですよ!
  2. タイの水辺にある昔ながらの古民家がたくさん!→実際に暮らしている家であって人が住んでいます。水路側に商品がたくさん置かれている家などもあって水上のセブンイレブンの役割を果たしていました。水路沿いの古民家はどれも大きく静かで和みました。ボートが早いので写真撮影は難しいかもしれませんが、実際の水上の生活を見ることができます。
  3. でっかいオオトカゲが見れるかも⁉→水路を泳いでいるオオトカゲに2回も遭遇しました。2回目はボートが体当たり。。。
  4. 植物園が案外おすすめ!→下にスクロール!!!
  5. 荘厳なお寺が隠れている?→下にスクロール!!!
  6. 現地の子供たちが水路に飛び込みして遊んでいる!→衝撃的!この川の色見ればわかると思いますが、とても汚いです。そこに飛び込んで遊んでいる少年に会いましたが、どうやら子供の遊び場になっているようでした。

 

っていう感じで箇条書きしました。写真が無くて伝えられないのが残念ですが、他の方のブログや写真を参考にしてみてください。

 

 

 

 

植物園が登場⁉ 

ボートツアーで水路をめぐっていると途中で降ろしてくれるポイントがあります。

 

この植物園もその中のひとつでした。

 

たくさんの植物が育成されていて、運が良ければ満開の花が見れるかもしれません。

 

私たちが訪れた時もたくさんのカラフルな花が咲いていたのでとても楽しむことができました。

 

ボート乗り場付近には上写真2枚のように小さな観賞用植物が3つで100バーツで売られていたので、今回招待してもらった家族にお礼としてあげました!

 

とても小さくかわいいのでお土産などにおすすめです!

 

 

 

Wat Sapan

植物園を後にして水路を進んでいくとお寺があります!

 

ボート乗り場からは少し歩きますが赤色と金色の荘厳なお寺は是非訪れましょう!

 

その際、ミニパンやタンクトップなど露出が多い場合は敷地の外から眺めましょう。

 

観光客だとしてもタイた東南アジア地域でのマナーなので他の有名寺院などでも気を付けましょう!

 

 

 

 

 

 ローカルな暮らしを垣間見れるよ!

水路沿いの古民家に暮らしている人は、実際に水上マーケットなどで買い物したりします。

 

生活には手漕ぎボートやエンジンボートで水路を利用しているのでボートツアーでは実際にそのような生活などがみることができます。

 

水路沿いの生活環境は日本とは違う面がたくさんあって、注意深く観察すればタイらしい文化的要素を発見することができますよ!

 

 

 

 

 

感想

今回は急な決定でクローンラットマヨム水上マーケットに行きましたが、本当に楽しい時間となりました。

 

現地のタイ人が来ても楽しい場所なので半日程度で楽しむことができ、美味しい料理、昔ながらの水路生活、静かできれいな植物園、荘厳で派手なお寺などバンコクからも近いので観光にはうってつけの場所でした!

 

皆さんも是非行ってみてください!