【ハーブ育成日記②】〜ハーブの植え方〜

先日購入したハーブをいよいよベランダで育成していこうと思います!

初心者のやり方ですのでプロの方のようにベストではありませんが参考にどうぞ!

 

【購入した物】

f:id:caipirinhas:20190429184151j:image

  • バジルの苗
  • レモンバームの苗
  • プラスチック製鉢 ×2 
  • 鉢底石 2ℓ
  • 培養土 2ℓ
  • 多肉植物とミニ観葉の土 1ℓ
  • サボテンの種子

 

石や土は若干少ないかなと思いましたが、ハーブ×2でこのサイズの苗と鉢はぴったりでした。

 

ハーブを大きく育てたい方は大きめの鉢植えと培養土や赤玉が必要ですね。

 

プラスチック鉢にしたのは水に強く軽くて取り扱いなど便利だからです。ただ通気性が良くないなどデメリットもあるので、素焼き鉢もおススメ。苗を買う前に土や素焼き鉢とプラスチック鉢の特徴を調べましょう!

 

関係ないサボテンの種がありますが、

以前Amazonで購入した育成キット再利用とタネから育成再挑戦してみます!

 

 

【鉢植え開始】

f:id:caipirinhas:20190429184954j:image

①鉢の高さ1〜2割程度に鉢底石を敷き詰めます

②苗を一度、鉢底石の上に置き、苗の根元と鉢の高さを合わせます。この時、鉢のてっぺんから1〜2㎝低いところに根元が来るようにします。  (鉢の中にメモリなどが付いているので鉢底石や苗を入れる際は参考にしましょう。)

③苗の高さの目安を決めたら、いよいよ土を入れていきます。

→最初は高さ合わせを土で調節します。

→次に苗の周りの隙間に土を埋めていきます。

④全体的に軽く土をならせば完了です!

⑤最後に水を土全体に届くようにあげましょう!

    レモンバームの葉っぱはハダニ予防のために時々、水で洗いましょう。

 注意:バジルの葉に水分がつくとすぐに黒くなるので水やりの際は注意です!

f:id:caipirinhas:20190429190944j:image

(完成した鉢植え。左奥がレモンバーム、右がバジル)

 

 

鉢植えが完成するとこれからの成長がとっても楽しみ!

鉢は日光がよく当たるところと風通しの良いところに置きましょう。

下の記事にも栽培環境について記載していますので参考に。

caipirinhas.hatenablog.com

 

鉢植えは簡単にできたので小学生の自由研究にでもハーブ育成は面白いかもしれませんね!

子供がハーブに興味を持つかは未知数ですが。。。。。。

 

 

ポイント

ハーブを育てる際はどれくらい栄養価のある肥料を使うかというのがポイントだと思います。

成長も早く、生命力・繁殖力も強い植物なので多年草、一年草など種類にもよりますが

ある程度成長したイメージを持って計画するのがいいと思います。

私の場合、一定期間はこの鉢植えで成長を制御できるか観察して、

食用として葉っぱを使うようになれば大きな鉢植えに植え替えするつもりです。

初心者なのでたくさん試行錯誤しながら責任持って育てるように頑張ります!

 

//インフィード広告1//